• トップ>
  • [さんぽについて] センターご案内

石川産業保健総合支援センターの概要

石川産業保健総合支援センターの概要

厚生労働省の調査によれば、高齢化の進展などによる脳・心臓疾患などにつながる所見を有する労働者の増加、あるいは産業構造の変化や技術革新の進展などにより仕事や職場で悩み、ストレスを感じる労働者が増加しております。 このような状況に対処し、職業生活全ステージを健康で安心して働ける職場の提供を支援するために、独立行政法人労働者健康安全機構では平成9年6月より石川産業保健総合支援センターを設置いたしております。 当センターの業務及び活動を以下ご紹介します。

業務のご案内

1. 研修
産業医、衛生管理者、保健師等産業保健スタッフに対して産業保健に関する専門的かつ実践的な研修を実施します。 また、当センター以外の団体が実施する研修について、教育用機材の貸与、講師の紹介等の支援を行います。
2. 情報の提供
産業保健に関する図書・教材等の閲覧・貸出しサービスを行います。 また、産業保健に関する情報をとりまとめた情報誌を発行します。
3. 窓口相談・実地相談
産業保健に関する様々の問題について、専門スタッフがセンターの窓口、電話、FAX又はEメール等で相談に応じ、解決方法を助言します。 また、職場巡視等の実践的活動については、専門スタッフが現地での相談に応じ、具体的方法を助言します。
4. 地域産業保健センターの支援
小規模事業場に対して健康相談等を実施している地域産業保健センターの活動を支援しています。
5. 広報・啓発
職場の健康管理の重要性を理解していただくため、事業主セミナー等を開催します。
6. 調査研究
産業保健活動に役立つ調査研究を実施し、成果を提供します。

このような業務と活動を行うために、産業医学、労働衛生工学、メンタルヘルス、労働安全衛生関係法令、カウンセリング、保健指導など各専門分野の専門家を非常勤スタッフとして委嘱しています。

アクセスマップ

独立行政法人 労働者健康安全機構
石川産業保健総合支援センター

独立行政法人 労働者健康安全機構 石川産業保健総合支援センター

地図