独立行政法人 労働者健康安全機構 石川産業保健総合支援センター ishikawa

産業保健活動に携わる皆様をサポートします。

石川産業保健総合支援センターは、
事業主・産業医・保健師・衛生担当者・人事労務担当者の皆様に
お気軽にご利用いただいています。
相談、セミナー参加等は原則無料です。

What's New!さんぽからのお知らせ

  • 令和4年1月18日 1月27日(木)産業保健特別研修「産業保健関係者、企業経営者、人事労務担当者が知っておきたいギャンブル等依存症」は、会場研修を中止し、Web研修のみで開催
    石川県内における新型コロナウイルス感染症の感染状況を考慮し、1月27日(木)に開催を予定しておりました産業保健特別研修「産業保健関係者、企業経営者、人事労務担当者が知っておきたいギャンブル等依存症」については、会場研修(産業医生涯研修)をやむなく中止とさせていただき、Web研修のみの開催といたします。
    会場研修参加の皆様には、ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。
  • 令和4年1月5日 令和3年度(第8回・9回)両立支援コーディネーター基礎研修募集開始!
    今年度、最終となる、令和3年度(第8回・9回)両立支援コーディネーター基礎研修の募集が開始となりました。
    日程、受講申請期間等については、下記ページをご覧ください。
    詳細は、https://www.johas.go.jp/ryoritsumodel/tabid/1968/Default.aspx
  • 令和4年1月5日 (厚生労働省からのお知らせ)「治療と仕事の両立支援オンライン地域セミナー」を全国6エリアで開催
    厚生労働省では、今年度も各エリアにおける「治療と仕事の両立支援」の取組事例を発表するオンライン地域セミナーを開催します。
    北陸・東海エリアのセミナーは、令和4年1月21日(金)に開催されますので、是非、ご参加ください。(北陸・東海エリア以外のセミナーにも参加できます。)
    詳細は次をご確認ください。
    https://chiryoutoshigoto.mhlw.go.jp/symposium/2021/
  • 令和4年1月5日 (中部労災病院からのお知らせ)「第6回勤労者医療フォーラム『就労と糖尿病治療の両立』を開催します」(参加費無料)
    中部労災病院(愛知県名古屋市)では、令和4年2月13日(日)に「就労と糖尿病治療の両立~糖尿病医療における障壁(スティグマ)とアドボカシー~」をテーマに、治療と仕事の両立支援に携わる様々な職種の方々を参加対象者としたフォーラムを開催します。
    詳細は次のホームページをご確認ください。
    https://www.chubuh.johas.go.jp/information/detail/info_detail__921.html
  • 令和3年12月23日 石川障害者職業センターと連携し、「事業主支援ワークショップ・メンタルヘルス事例検討会」を開催!
    当センターでは、石川障害者職業センターと連携し、令和4年1月18日(火)に石川県地場産業振興センター新館2階第10研修室にて、「新しい生活様式とメンタルヘルス不調者の復職支援~コロナ禍での職場のメンタルヘルス~」をテーマにセミナーを開催します。
    本セミナーでは、メンタルヘルス不調者の職場復帰支援について、事例発表のほか、参加者間で意見交換を行います。
    セミナーの詳細や申し込みは、以下の石川障害者職業センターのホームページにてご確認ください。
    https://www.jeed.go.jp/location/chiiki/ishikawa/q2k4vk000004983d.html
  • 令和3年12月16日 改正THP指針の説明動画を公開中
    令和3年2月8日に「事業場における労働者の健康保持増進のための指針(THP指針)」が改訂されたことを踏まえ、独立行政法人労働者健康安全機構では、特定非営利活動法人健康経営研究会 理事長 岡田 邦夫先生により、講義形式による動画を制作いたしました。
    本動画ではTHPの歴史的推移や指針改正の背景を踏まえつつ、令和3年2月に行われた指針改正の概要及び好事例について紹介しています。
    是非とも以下のサイトにてご視聴ください。
    https://www.johas.go.jp/sangyouhoken/johoteikyo/tabid/2023/Default.aspx
  • 令和3年12月13日 職場における化学物質等の管理のあり方が見直されます!(紹介動画等公開中)
    令和3年7月19日に厚生労働省から「職場における化学物質等の管理のあり方に関する検討会報告書」が発表され、今後、化学物質規制が大きく転換されます。
    労働安全衛生総合研究所では、本報告書の概要を紹介した分かりやすい動画等を作成し公開しています。以下のサイトよりご確認ください。
    → https://www.jniosh.johas.go.jp/groups/ghs/arikataken_report.html
  • 令和3年12月1日 相談日のご案内を更新しました。(令和4年2月、3月分)
  • 令和3年10月27日 パワーハラスメント対策の課題を、東京労働局作成資料を参考に自主点検してみませんか。
    職場におけるパワーハラスメント対策については、改正労働施策総合推進法が令和2年6月1日から施行され、令和4年4月1日から中小企業も法規制の対象となります。
    東京労働局のホームページに、事業主の方々等が、現時点におけるパワーハラスメントの取組状況を自主的に点検するための『自主点検票』が公表されており、ご一覧いただくと大変参考になります。
    自主点検の結果、取組にまだ課題が残っているようであれば、事業主が取組みやすいように『自主点検解説動画』も作成されています。どうぞ、同局のホームページをご覧になってください。
    https://jsite.mhlw.go.jp/tokyo-roudoukyoku/news_topics/kyoku_oshirase/_120743/jisyutennkenn.html

    なお、県内のハラスメント等に関する社内対策等の石川労働局の相談窓口は、同局・雇用環境・均等室
    https://jsite.mhlw.go.jp/ishikawa-roudoukyoku/roudoukyoku/annai02/kinto.html
    TEL 076-265-4429 FAX 076-221- 3087
  • 令和3年10月21日 厚生労働省委託事業「ラベル・SDS活用促進事業」、「ラベルでアクション」ご案内(リーフレット等)!
    令和3年度 厚生労働省委託事業「ラベル・SDS活用促進事業」、「ラベルでアクション」のご案内です。

    ①(本事業の趣旨)事業者と労働者が、取り扱う化学物質の危険性や有害性を認識し、事業者はリスクに基づく必要な措置を検討・実施し、労働者は危険有害性を理解してリスクに応じた対策を実行する。このため、「ラベルでアクション」の関係資料を活用し、化学物質のもつ危険有害性を把握し適切に対応することを、すべての関係者に対し促すこと。

    ②本事業では、●化学物質管理の無料相談窓口、●「化学物質のリスクアセスメント」訪問支援(無料)を行っている。

    ③本事業に関する案内リーフレット等は以下の通り。ご一覧ください。
    ・リーフレット 化学物質管理の無料相談窓口のご案内
    ・リーフレット 「化学物質のリスクアセスメント」訪問支援のご案内
    ・厚生労働省(化学物質管理に関する相談窓口・訪問指導のご案内ページ)
    ・厚生労働省事業受託事業場 テクノヒル株式会社
  • 令和3年7月14日 「令和3年7月豪雨災害被災者のための心と健康の相談ダイヤル」を設置します
     独立行政法人労働者健康安全機構では、被災された住民の方(事業者、労働者及びその家族等)からのメンタルヘルスに関する相談及び健康に関する相談に応じるため、「令和3年7月豪雨災害被災者のための心と健康の相談ダイヤル」を設置します。

    相談ダイヤルの詳細はこちら
  • 令和3年6月3日 令和3年度 両立支援コーディネーター基礎研修(WEB実施)開催等のご案内
    労働者健康安全機構のホームページに、以下、アップされましたのでお知らせします。
    ①令和3年度両立支援コーディネーター基礎研修プログラム
    https://www.johas.go.jp/Portals/0/data0/kinrou/ryouritu/R3kiso_program.pdf
    令和2年度との大きな違いは、WEBライブ講習(120分)が追加されています。
    ②令和3年度両立支援コーディネーター基礎研修開催のご案内
    https://www.johas.go.jp/ryoritsumodel/tabid/1968/Default.aspx
  • 令和3年6月3日 厚生労働省「こころの耳」電話相談の回線数を大幅増
    「こころの耳」の相談窓口において、4月から電話相談の回線数を大幅に増やしたことにより、相談電話がつながりやすくなりました。
     メンタルヘルス不調や、過重労働による健康障害防止対策などについての困りごと、お悩みなどの相談を受け付けています。
     社員や周囲の方々などに周知していただき、職場のメンタルヘルス対策にぜひご活用ください。

    ◇詳しくは・・
    働く人の「こころの耳電話相談」
    https://kokoro.mhlw.go.jp/tel-soudan/
  • 令和3年6月2日 事業場の産業保健活動に役立つ助成金(令和3年度の要領等)について(労働者健康安全機構)
     労働者健康安全機構では、事業場の産業保健活動の支援(助成金ほか)のサービスを行っています。
     主な助成金としては、①「ストレスチェック助成金」、②「職場環境改善計画助成金」、③「心の健康づくり計画助成金」、④「小規模事業場産業医活動助成金」、⑤「治療と仕事の両立支援助成金」、⑥「副業・兼業労働者の健康診断助成金」、⑦「事業場における労働者の健康保持増進計画助成金」(令和3年度新規)、などがあります。
     職場における労働者の健康管理等のために、ぜひご活用ください。(問い合わせは、労働者健康安全機構・産業保健業務指導課まで。 電話 0570-783046、受付時間:平日9時~12時、13時~18時)

    https://www.johas.go.jp/sangyouhoken/tabid/1944/Default.aspx
  • 令和3年4月21日 事業場における治療と仕事の両立支援ガイドライン、令和3年3月版の提供等
    事業場における治療と仕事の両立支援のためのガイドラインが、令和3年3月改訂されました。ダウンロードはつぎのURLからできます。
    https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000115267.html

    なお、改訂版の冊子をご希望の方は、こちらを利用しお申込みください。
  • 令和3年3月31日 コロナ禍により有効期限内に更新必要単位が充足できなかった認定産業医の取扱いについて(日医からお知らせ)
    コロナ禍で更新単位を充足できずに既に有効期間が満了した方、今後有効期間の満了を迎える方がおられますが、認定証に記載された有効期限が平成32年(令和2年)2月以降の認定産業医については、当面の間は、単位を充足できずに有効期間満了後であっても認定産業医とみなし認定産業医としての活動を認め・・・・(以下、略、詳細は以下の日医ページ)

    <本件にかかる問合せ先>
    日本医師会 健康医療第一課
    e-mail:k1@po.med.or.jp

    詳しくはつぎのページをご覧ください
    ◇詳細
    http://jmaqc.jp/sang/
  • 令和3年2月17日 (労働者健康安全機構制作)動画教材「会議を行うにあたって新型コロナウイルス感染症の感染防止のためのポイント」
    独立行政情人労働者健康安全機構では、新たな動画教材「会議を行うにあたって新型コロナウイルス感染症の感染防止のためのポイント」を作成、事業場のコロナ対策等に活用に役立てていただきたい趣旨です。
    独立行政法人労働者健康安全機構のホームページから確認できますので、是非、ご覧下さい。

    ◇動画をご覧いただけるサイト
    https://www.johas.go.jp/sangyouhoken/johoteikyo/tabid/1923/Default.aspx

一覧を見る

TOPICS厚生労働行政等からのお知らせ

  • 令和4年1月13日 令和4年4月1日から中小企業の事業主にも「パワーハラスメント防止措置」が義務化されます。
    パワハラの防止措置については、令和2年6月1日に改正法が施行されましたが、中小企業は努力義務とされ、令和4年4月1日より義務化されます。

    ◆リーフレット
    https://www.mhlw.go.jp/content/11900000/000855268.pdf
  • 令和4年1月5日 (厚生労働省からのお知らせ)建築物等の解体・改修工事の石綿事前調査結果の電子報告がスタート!
    令和2年に石綿障害予防規則・大気汚染防止法が改正され、施工業者(元請事業者)は、令和4年4月1日以降に着工する一定規模以上の解体・改修工事について、石綿に関する事前調査結果を労働基準監督署・自治体に報告することが必要になります。
    報告方法は、原則として、石綿事前調査結果報告システムから電子申請で行っていただきますが、このシステムを利用するためには、「GビズID」を取得していただく必要があります。対象となる事業者の皆様には事前の準備をお願いいたします。
    詳細は、次のアドレスでご確認ください。

    ◆事前準備リーフレット
    https://www.ishiwata.mhlw.go.jp/cms/wp-content/themes/kouseiroudou/documents/reporting-system.pdf

    ◆石綿障害予防規則の改正内容
    石綿総合情報ポータルサイト
    https://www.ishiwata.mhlw.go.jp/
  • 令和3年12月23日 (石川県からのお知らせ)「企業向け禁煙支援セミナー・相談会」を開催します。
    石川県では、県内の小規模事業所の健康管理担当者等を対象に禁煙支援セミナー・相談会を開催します。
    たばこは、がんをはじめとしたさまざまな病気に係る原因となります。現在、職場におけるたばこ対策に悩んでいるご担当者は、この機会に、是非、ご参加をお願いします。

    詳細は、以下の石川県のホームページでご確認ください。
    ●日時  令和4年1月27日(木) 16時~17時30分
    ●会場  石川県医師会館 4階研修室(金沢市鞍月2-48)
    ●WEB  Zoomによるオンライン研修
    https://www.pref.ishikawa.lg.jp/kenkou/bunen/index.html
  • 令和3年12月23日 (石川労働局からのお知らせ)「冬季無災害運動について」
    今年も雪の季節間近となりました。
    冬季無災害運動を、凍結等による転倒災害等の冬場の労働災害防止を目的に、北陸ブロック(新潟県、富山県、石川県、福井県)における共通の取り組みとして平成25年度から実施。
    期間中、各職場における総点検や、北陸ブロックにおいて共同で作成したポスターの掲示等の取り組みをお願いします。
    https://jsite.mhlw.go.jp/ishikawa-roudoukyoku/roudoukyoku/annai02/roudoukijyun/sangyo/_120636.html
  • 令和3年12月13日 職場における労働衛生基準が変わりました!
    令和3年12月1日に「事務所衛生基準規則及び労働安全衛生規則の一部を改正する省令」が公布され、事務所における照明の基準のほか、事務所その他の作業場における清潔、休養などに関する労働衛生基準が変わりました。また、この改正を踏まえ、「情報機器作業における労働衛生管理のためのガイドライン」における照度の取扱等も改められました。
    詳細は以下のアドレスにてご確認ください。

    【事務所則等の改正内容】
    通達     https://www.mhlw.go.jp/content/11300000/000860576.pdf
    リーフレット https://www.mhlw.go.jp/content/000857961.pdf

    【情報機器作業における労働衛生管理のためのガイドライン】
    https://www.mhlw.go.jp/content/000539604.pdf
  • 令和3年11月19日 (厚生労働省からのお知らせ)腰痛予防サイトの活用(保健衛生業及び陸上貨物運送事業向け、管理者・職員向け動画豊富・無料公開)
    ①厚生労働省、「職場における腰痛予防サイト」を開設中です。
    ②特に、看護・介護などの保健衛生業や陸上貨物運送事業において腰痛による業務上疾病が多発しています。
    ③両業種等で業務に従事する働く方やその管理者が、腰痛予防を学び、実施するために大変、役立つ内容の動画・・・・・「作業者向け動画」(6種類、7分~21分)は、基本的な業務に関連した内容、また、「管理者向け動画」(5種類、6分~24分)は、施設管理者が把握しておくべき知識や実施すべき内容、以上をご覧いただけます。
    是非、一覧し、腰痛予防にお役立てください。

    【詳しくは以下のページ】
    ○「職場における腰痛予防サイト」
  • 令和3年9月7日 (厚生労働省)新型コロナウイルス対策について
     デルタ株による新型コロナ感染者の増加等を踏まえ、今一度感染症予防対策に取り組みましょう。「職場における新型コロナウイルス感染症への感染予防、健康管理の強化についての留意事項」等を参考に

    詳細はこちらまで
  • 令和3年8月2日 (石川労働局からのお知らせ)「職場における新型コロナウイルス感染所対策等に関する留意点が追加」
     緊急事態措置区域として東京都が追加されたこと等を踏まえ、「職場における新型コロナウイルス感染症への感染予防、健康管理の強化についての留意事項」に「新型コロナワクチンの接種」や「職場で新型コロナウイルス感染症患者が発生した場合の保健所との連携等」が追加されました。

    詳細はこちらまで
    https://jsite.mhlw.go.jp/ishikawa-roudoukyoku/news_topics/topics/202101_00007.html
  • 令和3年7月14日 「改正特化則」説明会の開催~溶接ヒュームが特定化学物質に追加~(参加費無料)
     石川労働局は、中央労働災害防止協会中部安全衛生サービスセンターに協力し、中小規模事業場安全衛生サポート事業(厚生労働省補助事業)による改正特定化学物質障害予防規則に関する説明会を石川県内の3会場(金沢・小松・七尾)で開催します。

    詳細はこちら
    https://jsite.mhlw.go.jp/ishikawa-roudoukyoku/content/contents/000911138.pdf
  • 令和3年6月28日 令和3年度厚生労働省委託事業「ラベル・SDS活用促進事業A(相談・訪問)」実施中
     労働安全衛生法では、化学物質による労働災害や健康障害を防止するため、一定の危険有害性のある化学物質の取扱いについて、リスクアセスメントの実施や譲渡提供時の容器へのラベル表示等を義務付けております。
    厚生労働省は、その定着に向けて、テクノヒル株式会社に委託し、事業者向けの無料電話相談及びリスクアセスメント無料訪問支援を実施しています。
    詳細はこちらへ
    【無料電話相談】https://www.technohill.co.jp/telsoudan/
    【無料訪問支援】https://www.technohill.co.jp/rabel_sds/
  • 令和3年6月28日 厚生労働省委託事業「有害物ばく露防止対策補助金」がスタート
     特定化学物質障害予防規則等が改正され、2022年4月から、金属アーク溶接等作業を屋内で継続して行う事業場では、溶接ヒューム濃度の測定結果に応じ、有効な呼吸用保護具の選択・使用等の措置が義務付けられます。
    厚生労働省では、法令の適用を前に、溶接ヒューム濃度の測定を行う中小企業事業主を対象に測定費用の一部を支援する事業をスタートさせます。
    詳細は以下のURLをご確認ください。
    https://www.mhlw.go.jp/content/11300000/000789195.pdf
  • 令和3年6月28日 (厚生労働省)令和2年度「過労死等の労災補償状況」を公表
     厚生労働省では、令和2年度の「過労死等の労災補償状況」を取りまとめ、令和3年6月23日に公表しました。
    詳細は以下のURLをご確認ください。
    https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_19299.html
  • 令和3年6月16日 (石川労働局からのお知らせ)「安全で安心な店舗・施設づくり推進運動」展開中
     石川労働局では、第三次産業における労働災害の減少に向けて、小売業及び飲食店の多店舗展開企業や多くの社会福祉施設を展開する法人の本部及び施設に対して、「安全で安心な店舗・施設づくり推進運動」を通じて、全社的な安全衛生活動を展開していただくよう要請しています
     詳しい内容はこちらへ。

    (1)「安全で安心な店舗・施設づくり推進運動」実施要綱
       (主唱:厚生労働省、中央労働災害防止協会)
       https://www.saitamas.johas.go.jp/topics/pdf/2021/0409/01-2.pdf

    (2)「取組の参考資料」
        https://www.ishikawas.johas.go.jp/pdf/reference.pdf
  • 令和3年5月25日 (厚生労働省)(石川労働局)新型コロナ対策、留意点等」公表
     石川労働局から、「職場における新型コロナウイルス感染症への感染予防、健康管理についての留意事項等」が公表されましたので、関係の皆様、是非ご覧ください。

    ◇詳細は、以下ご覧ください。
    https://jsite.mhlw.go.jp/ishikawa-roudoukyoku/news_topics/topics/202101_00003.html
  • 令和3年5月6日 (厚生労働省)フィットテスト実施者に対する教育の実施について
     金属アーク溶接等作業で発生する「溶接ヒューム」へのばく露による健康障害防止のため、令和5年4月1日から呼吸用保護具が適切に装着されていることの確認(フィットテスト)が義務付けられますが、フィットテストの精度等が確保されるためには、フィットテスト実施者に十分な知識及び技能が求められます。
    厚生労働省では、フィットテスト実施者を養成するため、フィットテスト実施者に対する教育実施要領を定めておりますので、下記のアドレスからご確認ください。

    ◇詳細は、以下ご覧ください。
    フィットテスト実施者に対する教育の実施について(厚生労働省化学物質対策課)
    https://www.mhlw.go.jp/content/11300000/000767737.pdf
  • 令和3年5月6日 (厚生労働省)有害物(溶接ヒューム)ばく露防止対策の実施費用の補助制度(令和3年度)
     金属アーク溶接等作業を継続して行う屋内作業場においては、改正特定化学物質障害予防規則の経過措置として、令和3年度中に溶接ヒュームのばく露測定を実施することとされています。
    厚生労働省では、この円滑な施行に向けて、溶接ヒュームのばく露測定を作業環境測定機関に委託した中小企業事業者に対して、その実施のための費用の一部を補助する支援事業を行います。
    詳細は定まっていませんが、厚生労働省ホームページに概要等が公表されていますので、下記のアドレスからご確認ください。

    ●有害物ばく露防止対策補助金の概要(PDFと厚生労働省のホームページ)
    https://www.mhlw.go.jp/content/11300000/000764754.pdf
    https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_17832.html
  • 令和3年3月17日 (厚生労働省)石綿総合情報ポータルサイト
    厚生労働省は、石綿対策を総合的に広報啓発する趣旨で、つぎの「石綿総合情報ポータルサイト」を作成しましたので、粉じん作業のある事業場の事業者や現場管理者、衛生管理担当者、安全衛生推進者、労働者など是非ご覧ください。

    ◇詳しくは、下記URLでご確認ください。
    http://www.ishiwata.mhlw.go.jp/

    【補足(石川産保)】
    ① 石綿(イシワタ)は、1970年(昭和45年)~1990年(平成2年)頃までの間に大量に使われた。
    ② 石綿は数々の特長がある。たとえば、耐久性、耐熱性、耐薬品性、電気絶縁性などの特性に非常に優れ、安価であった。このため、建築材料、電気製品、自動車、家庭用品等、様々な用途に広く使用されてきた。
    ③ しかし、石綿は、(肺を囲む胸膜にできる)中皮腫や肺がんを代表とした様々な病気を引き起こすことが判明した
    ④ その結果、徐々に使用等の規制が広がり、2012年(平成24年)に国内での使用・輸入が全面的に禁止された。
    ⑤ 現在、石綿を含む建築物等の解体・改修工事が進んでいますが、特に、多くの建設物等の建替え需要との関係で、2028年(令和10年)頃には、解体棟数が約10万棟にも上りピークを迎えるようです。
    今回、これまでも様々な規制がありましたが、今後の石綿による健康障害(住民、労働者双方)防止を強化する趣旨で、今回、大幅に法、関係規則類の改正(環境省、厚生労働省所管の法律等)がありました。
    どうぞ、上記「石綿総合情報ポータルサイト」をご一覧ください。
一覧を見る

CLOSE